敷かれたレールの上の人生を歩んでも、その先には地獄しかない

 

誰でも不労所得を得られる手法を公開中です。

 

自分で稼ぐ力を身に付ける最善の方法

 

いつまで提供できるかは分からないので、興味のある方はお早めに

 

敷かれたレールの上は本当に幸せか

 

あなたが今生きている人生はあなた自身が選んだものですか?

それとも、他の誰かがこの人生は正解だと言っていたから生きている人生ですか?

 

 

一度、振り返って考えてみるのはいかがでしょう。

 

どうでしょう?

自分の望むとおりに生きられていますか?それならば問題ないですが、もし、

 

”どうして毎日毎日やりたくもない仕事なんかしてるんだろう”

”もっと自分の好きなことで人生を彩りたい”

”まさにレールの上を歩く人生だ”

 

そんな風に疑問を感じるのならば、敷かれたレールの上から外れる良いタイミングかもしれません。

 

関連記事:【敷かれたレールの外れ方】外れることで見えてくるものがあります

 

 

無自覚に乗っていたレールの正体


 

 

あなたが乗っているレール、その正体は私たちが小さいころからずっと言われてきたことなんです。

 

例えば、

 

  • いい大学に進学しなさい
  • 有名な会社に定年まで勤めなさい
  • 人と同じような人生を送るのが普通
  • 休まず学校に通い、休まず働きなさい
  • 老後は年金で暮らしなさい

 

どれも子供の頃から耳にタコができるくらい言われてきた言葉ですよね。

 

これらの言葉がレールの正体なのです。

親に敷かれたレール、学校で教えられたレール、これらは全て自分で選んだわけではなく他の誰かに決められたもの。

 

たった一度の人生なんですよ?他の誰かに決められた人生なんかじゃなくて、自分の人生を生きたいですよね?

世の中にはこれらのレールを外れて、本当の意味で自分の人生を生きている人はいます。

 

すでにある道ではなく、自分の道を歩きましょう。

草むらでも砂漠でも、自分の足で歩けば道が出来ていくんですから。

 

 

レールを外れた先の生活


 

 

私は一度会社をリストラされ、転職を余儀なくされました。

 

今はまだ生活のために別の会社に再就職して働いていますが、いずれは退職します。

独立する気満々ですし、いわゆる人生のレールからは外れてきていますね。

 

確かに、最初にリストラされたときは不安にもなりましたしこれからどうすればいいのかわからなくなってしまいました。(実際は遠回しに退職を迫られました)

 

このままただ再就職しても、またいつ会社の都合で辞めさせられるかわからない。

転職先がいわゆるブラック企業で自分を見失う程働かされるかもしれない。

 

そんなことを考え、半ば現実逃避気味にネットを見ていると、インターネットでお金を稼いで社会のレールから思いっきり外れて自由な生活をしている人たちがいるということを知りました。

 

そういう人たちってあらゆることが自由なんです。

 

  • 住む場所も自由
  • 人間関係も自由
  • 朝起きる時間も夜寝る時間も自由
  • 収入も自分次第で自由自在

 

自分の人生を自由にデザインしていけます。

レールを外れた先にはそんな楽園のような生活が待っているんです!

 

 

敷かれたレールの先に待つ地獄


 

 

敷かれたレールの先にも、実は自由があります。

 

ただ、それは本来の自由とは程遠いもので、自由とは名ばかりなもの。

年金暮らしです。

 

一応、働かずとも国からお金をもらうことができるので、自由と言えなくもないですが、もらえる金額はスズメの涙ほど。

40年以上自分の人生を犠牲にして働き続けても、得られるのはギリギリ生活できるかどうかのお金しかもらえない不自由な自由。

 

まったく、馬鹿にしていると思いませんか?

しかも、この年金制度すら現在では破綻寸前。

 

このままレールに乗り続けていれば、もしかしたら老後は働く体力も残っていないのに年金ももらえない。

働いている内に色々なものを我慢して老後の貯金をして、老後の生活に備えるしかありません。

 

もしくは老いた体に鞭を打ってアルバイトでなんとか生活するとか。

 

あれ?これって一生自由になれませんね。

まさに地獄のような生活です。

 

レールに乗り続けていると地獄に行ってしまうんです。

 

レールに乗り続けているのはリスクでしかありません。

あなたもわかっているはずですよ、ただ目を背けているだけです。

 

歳をとって手遅れになる前に、レールから外れるべきなのではないでしょうか?

 

敷かれたレールから踏み出す方法は、こちらで詳しく解説しています。

 

自分で稼ぐ力を身に付ける最善のやり方

 

いつまで提供できるかは分からないので、興味のある方はお早めに。