【ずる休みOK】会社を休むのに罪悪感なんて感じるだけ無駄です

 

 

 

 

 

 

突然ですが、会社を仮病で休んだことはありますか?

私はあります。

 

やっぱりどうしても会社に行きたくないときってあるじゃないですか。

仮病でなくても体調が悪い時など出社することが厳しい時にも休むことってありますよね。

 

全く休んだことが無いのならばすごいですが、そんな人はほぼいないでしょう。

 

そして、仮病でも体調不良でも会社を休んだ人が口を揃えて言うのが「罪悪感」です。

自分だけ会社を休んでしまって申し訳ない、と感じてしまうそうです。

 

でもはっきりと言いますが、そんな罪悪感は感じるだけ無駄です。

今回はその理由について書いていきますね。

 

関連記事:仕事はそれなりでいい!私が実践する仕事を頑張らない生き方とは?

 

 

なぜ会社を休むと罪悪感を感じるのか?


 

 

なぜ会社員は仕事を休むと休んだことに対して罪悪感を感じてしまうのでしょうか?

 

その原因は、刷り込まれた社畜としての価値観にあるんです。

 

  • 自分もその会社に勤めているから自分だけが休むわけにはいかない。
  • 他の人が働いているのに自分だけが家にいるなんてダメだ。

 

休むことに罪悪感を感じる人はこう考えてしまうんですよね。

 

さらに人によっては

 

  • 会社に給料をもらっているから休んじゃいけない
  • 自分がいなくなったら仕事が回らない

 

と不要な責任を自ら作り出して自分に課してしまいます。

 

これらが全部会社を休むことへの罪悪感に繋がってしまうんです。

元々責任感の強い人の方がより罪悪感を感じやすい傾向にありますね。

 

 

罪悪感を感じなくてもいい理由


 

 

さて、タイトルにも書いてある通り会社を休むことへの罪悪感は無駄なだけなので感じる必要はありません。

 

もし感じるとしてもそんなものは完全に無視して問題ありません。

 

罪悪感を感じる理由から一つ一つ解説していきましょう。

 

まずは「自分だけが休むわけにはいかない」というところです。

 

正直私にはこれはよくわかりません。

なぜ自分だけ休むことに後ろめたさを感じるのか、むしろ「みんな働いているのに自分だけ休んで最高!w」ってなると思うんですけどね。

 

また、「他の人が働いているのに自分だけ家にいられない」という点についても同じです。

 

私は家でゴロゴロしながら「みなさんご苦労様でーす^^」くらいにしか感じません。

いきなり私と同じように考えるのは難しいかもしれませんが、これくらいの気持ちを心がけると休む時も気が楽になるはずです。

 

他にも「給料をもらっているのに休んじゃいけない」と感じる人もいますよね。

 

これはもう単純です。

有給休暇は労働者のれっきとした権利です。

堂々と使いましょう。

 

そして最後に「自分がいなくなったら仕事が回らない」と考えてる人。

 

大丈夫です。

あなたがいなくても仕事はどうにでもなりますから。

 

もし他の人が休んでも仕事が回らなかったことってないですよね?

誰かが退職したとしても、1週間もすれば元通りに仕事は回るようになっているはずです。

 

なので気にすることは一切ないんですよ。

 

一人でもかけることで仕事が回らなくなるような会社に勤めているのなら、そんな会社にいても碌なことはないので転職することをおすすめしす。

 

どんなに会社に尽くしても、会社はあなたを守ってはくれないんですから。

 

 

ずる休みもOK!


 

 

さて、ここからは真面目な人には難しいかもしれませんが、私は会社をずる休みするのもありだと思っています。

 

むしろ何でダメなのかわからないくらいですね。

 

例えば朝、どうしても会社に行くのが辛い、行きたくない時があったとしたら私は休んでいいと思います。

 

適当に理由を付けて会社を休むのも、体調不良で有給休暇を取るのも結果的には変わりません。

 

だったら適当な理由でずる休みしてもいいじゃないですか。

 

私はそう思いますし、罪悪感なんて一切不要です。

大人だって時には休息が必要なんですよ。

 

毎週のように休んでいたらさすがに怒られるでしょうけど、月1くらいなら全然大丈夫です。

 

 

まとめ


 

 

今回は会社を休むことに罪悪感を感じる人向けに書きました。

 

というわけで、明日は適当な理由で休んでリフレッシュしてみませんか?