池記の絶品ワンタンメンとヴィクトリア・ピーク100万ドルの夜景:香港旅行記Part14

 

 

 

 

前回:香港の2階建てトラム乗り方解説:香港旅行記Part13

 

前回、世界一長い(?)エスカレーターを見に行って、今回は香港最後の夜となります。

 

なんだかんだで香港も終わりが見えてきました。

 

というわけで今回は夕食を食べた後香港の100万ドルの夜景を見に行きます!

 

夕食を食べに来たお店は池記

 

 

池記の名物といえば何といってもワンタン面。

ぷりぷりのエビの入ったものが人気です。

 

というわけで私もワンタン麺を注文しました。

注文したのはデザートと飲み物のセット。

 

飲み物はコーラ、デザートは豆腐花です。

 

 

 

これは美味しいです!

大きなワンタンに弾力のある麺、あっさりしたスープが非常にマッチします。

 

というわけで、腹も満たされてことですし100万ドルの夜景を拝みに行きましょう。

 

夜景を見られるヴィクトリアピークまではケーブルカーで登ります。

なのでケーブルカー乗り場まで来たのですが、案の定行列が出来てました。

 

 

まあ旅行シーズンど真ん中ですしそりゃあ混んでますよねw

大人しく並びます。

 

行列の途中には売店がありました。

真夏に並んでいたら買いたくなってしまいますよね。

 

ウマイ商売ですw

 

 

結局40分くらい並んだでしょうか?

ケーブルカーのチケットを買うことが出来ました。

 

ようやくです…

もう結構暗くなってきましたよ…

 

 

この後はケーブルカーに乗ってヴィクトリアピークの頂上に登るのですが、ケーブルカーの中は混んでいたため写真は撮れませんでした。

 

なので一気に頂上に登ります。

 

さあ!それらしい景色が見えてきましたよ!

 

 

おおお!なんかすごそう!

 

これが100万ドルの夜景!?

ちなみに旅行当時の香港ドルは1ドル15円くらいだったので100万ドルの夜景は1500万円くらいの夜景ということになります。

 

どうでもいいですねw

 

そして夜景がこちら。

 

 

おおー!これはきれい!

 

きれいなんですが、思ったより暗い?

もっと明るい夜景が広がっていると思ってました。

 

いやもちろんすごくきれいなんですけどね!

 

これを読んでいるあなたはどうですか?

想像通りきれいでしたか?それとも期待外れでしたか?

 

私はやっぱり一度は見る価値ありだと思います。

この記事を書いている2019年11月時点では逃亡犯条例を発端とするデモが過激化し、香港には行きづらくなってしまっていますが、今後情勢が落ち着いたらぜひ見てみて欲しい景色です!

 

それでは、今回はここまで。

次回から旅行最終日です!

 

ネット副業で月5万円の副収入を得る方法を発信中です。

私はこれで得た収入を旅の資金に充てています!

 

旅の資金を楽に稼ぐ方法はこちら

 

いつまで提供できるかは分からないので、興味のある方はお早めに!